スポーツ

大坂なおみの全豪オープン決勝相手ブレイディの強さを徹底解説!!

大坂なおみ選手が全豪オープンの決勝戦まで勝ち上がりかなりの注目を浴びています。

準決勝ではセリーナ・ウィリアムズに勝利しましたね。

セリーナ・ウィリアムズは世界ランキングでも上位にいて、正直負けてもおかしくない程の強い選手でした。

そのセリーナ・ウィリアムズに準決勝で勝利し、決勝での相手はジェニファー・ブレイディ選手です。

そのジェニファー・ブレイディ選手はどれほど強いのか?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

ジェニファー・ブレイディの強さとは

強さと聞くとまず、世界ランキングが気になりますよね。

ジェニファー・ブレイディの現在の世界ランキングは24位とかなりの実力の持ち主です。

ジェニファー・ブレイディは準決勝で戦ったセリーナ・ウィリアムズよりは世界ランキングが下になります。

ですが、ジェニファー・ブレイディ選手は2015年にプロになっているので実際のプロ歴は6年目ということになります。

その実力というか成長が1年1年確実に実力を上げている選手なのです。

ジェニファー・ブレイディ選手は2017年に全豪オープンに出場していますが、予選4回戦までの出場でした。

ですが、2019年の全豪オープンではダブルスでベスト4と実力を上げ、2020年には全豪ベスト4という記録を残している選手なのです。

確実に実力を上げているジェニファー・ブレイディは今年は決勝まで来ての大阪なおみ選手との対決になります。

世界ランクがセリーナ・ウィリアムズ選手より低いとは言え、ジェニファー・ブレイディ選手は確実に今年も強くなっています。

油断のできない相手ですね。

スポンサードリンク

過去の大阪なおみ選手との戦いは

過去に大坂なおみ選手との対決があったのか調べたら2回程戦っていました。

2戦してジェニファー・ブレイディは2戦とも敗北しています。

直近での2人の戦いは、昨年の全米オープンでの準決勝で戦っています。

全米オープン準決勝は2時間8分という熱戦の末に7—6、3—6、6—3で勝利をしタ大坂なおみ選手。

フルセットに持ち込まれ非常に長い戦いになり勝ち取ったゲームでの印象でしたね。

スポンサードリンク

まとめ

ジェニファー・ブレイディ選手の強さについて書いていきましたがいかがでしたか?

年々に強くなりその成長スピードはかなり速いです。

昨年の全米オープンではフルセットでなんとか大坂選手が勝ったものの、ジェニファー・ブレイディ選手もものすごい粘りを見せてくれた試合でした。

今年の決勝での戦いもものすごい戦いになると思われます。

日本人として大坂なおみ選手に勝ってほしいですね。