未分類

ワートリの作者が急病!!連載の再開はいつになる!?

ジャンプで人気のアニメ「ワールドトリガー」。

ワールドトリガーは週刊ジャンプで2013年から連載され、現在はジャンプスクエアでされています。

週刊ジャンプからジャンプスクエアに以降した間にワールドトリガーの作者さんが病気で休載されていました。

今回も2度目病気で入院され休載されています。

ワールドトリガーファンの方たちは心配の声もありますし、病気治し「最後まで読みたい・書いてほしい」という声が多いです。

自分もワールドトリガーを読んでいるのでさいごまで書いてほしいですね。

そこで今回の病気は大丈夫なのか、今後の活動やどうなっていくのか詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

作者の病気とは

ワールドトリガーの作者が急病で休載をする事を発表しました。

ファンからは心配の声と最後まで連載してほしいというこえが多いですね。


今回の病気は「頚椎症性神経根症(けいついしょうせい しんけいこんしょう)」という病名のようです。

この病気の症状は両足両手などにしびれを伴う症状のようです。

お箸や文字を書くことに支障があり不器用になるようです。

ワールドトリガーの作者は仕事中にかなりの違和感があったのでしょう。

そこで詳しく調べたら頚椎症性神経根症の病気だっのでしょう。

気になるのはこの病気は治るのでしょうか?

頚椎症性神経根症は治る病気のようです。

初期の症状で異なりますが、数か月という長い期間になりますが長期での治療と、ひどい場合は手術などでの治療もできるようです。

スポンサードリンク

前回の病気との関連

ワールドトリガーの作者は今回2回目の病気での休載になります。

前回の病気はいったい何だったのかというと今回と一緒の頚椎症性神経根症になります。

前回の時は痛み止めを飲みながら書いていたらしくかなり無理をして書いていたようです。

前回は手術をして治したようです。

この時の休載期間は約2年間と長期の休載となりました。

今回も同じ症状での休載になるので再発したようです。

スポンサードリンク

掲載はいつから

前回と一緒に病名での休載になりました。

いつまで休載するかは未定でいつからまた掲載されるかは分かりません。

ちなみに前回は頚椎症性神経根症の治療での休載期間は約2年でした。

前回の治療の時は症状がでてからも痛み止めを飲み無理をして書いていたようでという情報がありました。

今回はそのような情報はなく、再発なので早い段階での休載をしたのかもしれましせん。

早い段階での休載で治療に専念されていれば、早い復帰も期待できます。

ですが長期での治療になる事もあるの、今回も2年もしくはそれ以上ということも考えられるでしょう。

まとめ

ワールドトリガーの作者の病気と今後どうなるのかについて書いていきました。

前回の病気の再発での休載になるようですね。

今回ももしかしたら2年程休載をされるかもしれませんね。

ワールドトリガーは個人的にも最後まで見たいので、ゆっくり休んで治療をしてまた最後まで掲載をしてほしいですね。

また掲載をする場合は発表があるようです。