未分類

ヘアドネーションで髪を寄付するやり方・条件子供の髪は!?

土屋あんなさんがへアドネーションの為に腰まで伸ばした髪を30㎝以上切ったという報道がありました。

女性がせっかく伸ばした髪をバッサリ切るのはかなりの勇気がいりますが、土屋アンナさんはへアドネーションをするがために伸ばしていたようです。

あまり知られていないへアドネーションですが、この報道で知った方も多いのではないでしょうか。

へアドネーションは18歳以下の方で病気や副作用などで髪の毛が生えない方に医療ウィッグを作るために使用します。

その話をきいて「どうせバッサリ切るなら自分の髪の毛も寄付できるのかな?」「どうやって寄付できる?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、へアドネーションの寄付の仕方・寄付する条件など詳しくまとめてみました。

スポンサードリンク

寄付できる条件

髪の毛を寄付するといっても髪は人それぞれ痛み方や染めていたり、くせ毛だったり条件がバラバラです。

自分の髪は寄付できるのと考える方も多いでしょう。

へアドネーションで必要な条件は2つです。

・15㎝以上の髪の毛
・31㎝以上の髪の毛

くせ毛・髪色・カラーなどは全く関係なく長ささえあれば寄付する事が可能です。

ですが引っ張ってすぐに切れる程の髪が痛んでいた場合はできない可能性もあります。

条件は2つ書きましたが、15㎝以上の髪の毛の長さであれば問題なく寄付する事が可能です。

寄付する団体のもよるのですが31㎝以上ないと寄付できない団体もあります。

子どもの髪でも大丈夫

お子さんなど生まれてからずっと切ってなくバッサリ切ったりする予定の方なども多く子供の髪の毛も寄付する事はは可能なのか気になりますよね。

もちろん子供の髪の毛でも寄付する事は可能です。

髪の毛の長ささえあれば問題ないということのようです。

スポンサードリンク

寄付するやり方

いざ寄付を使用と思ってどうやって寄付をするのかということになりますね。

寄付をするには郵送で髪の毛を贈らなければなりません。

こちらの動画で詳しく説明されています。

カットはどうする

カットに関してですがやり方は2つです。

・自分でカット
・美容室でのカット

の2つですね。

自分でカットはなかなかやる方はいないと思いますが、髪の毛を束ねて15㎝もしくは31㎝以上あれば大丈夫です。

ですが殆どの方は美容室でのカットとなると思います。

美容室には賛同サロンといってへアドネーションに賛同しているサロンがあります。

全ての美容室が賛同している訳ではありませんので、行きつけの美容室は賛同サロンなのか調べてみてください。

賛同していないサロンでも「ヘアドネーションをしたい」というと髪を贈る状態でカットしてくれれます。

詳しいことは行きつけの美容室で聞いてください。

賛同サロンでへアドネーションをしていると、髪の毛を郵送までしてくれていたんのですが今は個人で送るようになっています。

ですので、ジップロックみたいな袋を美容室にもっていった方が良いですね。

スポンサードリンク

ヘアドネーション寄付 料金

へアドネーションにかかる料金はいくらなのでしょうか?

基本的にヘアドネーションのカットは無料のようです。

ヘアドネーションのカット後はただ31㎝以上で切っただけなので、その後の髪の毛のカットすると思いますのでその料金はかかります。

カットで31㎝以上切る予定があるならヘアドネーションで髪の毛の寄付をしてみてください。

まとめ

へアドネーションについて書いていきましたがいかがでしたか?

土屋アンナさんがやって初めて聞いた方が多くどうしたらいいか分からない方も多かったと思います。

一番いいのはへアドネーションの賛同サロンに行くと郵送の仕方なども知っていると思いますので、初めての方は賛同サロンに行くことをオススメします。

こちらで自分の近くの賛同サロンを調べることができます。

賛同サロン調べるならこちら

ヘアドネーションに挑戦してみてはいかがですか。